top > 事務局トップ

社協はいつできたの?

あゆみ

時代背景 出来事
昭和44 ・社会福祉法人羽咋市社会福祉協議会設立。
・羽咋市中央町フ170番地(羽咋市役所内)に開設。
・初代会長に畠山淨英氏就任。
・第2代会長に宮田義雄氏就任。
昭和52 48 福祉元年
56 国際障害者年
・第3代会長に安達豊一氏就任。
昭和57 ・全国社会福祉協議会会長表彰を受ける。
昭和58 58〜平3 国連・障害者の十年 ・羽咋市旭町ア200番地に移転。
・第4代会長に折戸寛雄氏就任。
昭和59 ・千里浜児童センターの運営管理を受託。(平成18年度まで)
昭和62 ・老人福祉センターの運営管理を受託。(平成18年度まで)
・ホームヘルプサービスの事業を受託。
平成 3 01 ゴールドプラン ・福祉バスの運営開始。
平成 4 ・「社協だより」創刊号の発行。
平成 5 ・第1回はくい福祉まつりを開催。
・第1回在宅介護者のつどいを開催。
・第5代会長に塩谷一雄氏就任。
平成 6 06 エンゼルプラン ・ボランティア情報誌「ぼらぼら」創刊号の発行。
平成 7 07 阪神・淡路大震災 ・ボランティアセンターの開所。
・第1回ボランティアのつどいを開催。
平成 8 09 介護保険法 ・第6代会長に三宅善文氏就任。
平成10 ・羽咋市鶴多町亀田17番地に移転。
・第7代会長に平井成一氏就任。
平成11 11 国際高齢者年 ・ふれあいのまちづくり事業を開始。(5ヶ年間)
平成12 12 介護保険制度の開始 ・介護保険サービス事業者、羽咋市在宅総合サービスステーションにヘルパーを派遣。
・外出支援サービスを開始。
平成13 13 ボランティア国際年 ・放課後児童クラブの運営管理を受託。
・第8代会長に中江循氏就任。
平成14 ・羽咋市在宅総合サービスステーションの運営を開始。
・基幹型在宅介護支援センター事業を受託。(平成16年度まで)
・団体事務の自主運営を支援。
・公式ホームページの開始
平成15 ・羽咋市文化会館へ移転。
・全国ボランティアフェスティバルいしかわ羽咋ブロック開催。
・保育ママ派遣を開始。(平成16年度まで)
・障害者支援サービスを開始。
平成16 ・ふれあいタウン羽咋事業の実施。(4ヶ年間)
平成17 ・第9代会長に立浦紀代子氏就任。
・地域型在宅介護支援センター事業を受託。(平成17年度まで)
平成18 18 介護保険改正
18 障害者自立支援法
・千里浜児童センター及び老人福祉センターの指定管理を受けて運営管理を開始。
老人福祉センターの浴室有料化(100円/回)
平成19 19 能登半島地震 国際協力機構北陸支部パラグアイ日系研修事業を県立看護大学とともに受け入れ。
平成20 ・地域福祉推進事業、ボランティア推進事業の実施。
・外出支援サービス事業を市補助を受け、本会直営事業に変更。
・第51回羽咋市社会福祉大会及び第16回はくい福祉まつりを同日開催。
平成21 ・福祉バスを更新。(日本財団助成)
平成22 ・羽咋子ども育成クラブを羽咋学童保育クラブに名称変更
・邑知学童保育クラブの受託。
平成23 23 東日本大震災 ・パラグアイ日系研修事業で「全国社会福祉協議会会長表彰」授与
平成24 ・瑞穂学童保育クラブの受託。
平成25 ・第10代会長に岩城和男氏就任。

このページのトップへ


社協ってなに?社協の財布は?社協のメイン事業

事務局トップページへ